週に1、2回は最低でも更新中です(笑)良かったらコメントどうぞるんるん

2010年09月10日

【映画紹介】借り暮らしのアリエッティ

images.jpg


も、もったいない…



超久しぶりに映画を観にいきました〜ぴかぴか(新しい)
といっても、観たのは広島で。
ちびちゃんは、父と妹夫妻にあずけて母と観て来ました。


ストーリーは、
タイトルどおり、人間の住む家の床下で小人3人家族が
暮らしており、床上の人間さまから、ちょっぴりずつ食料などを借りながら?
いただきながら?生活している、というお話。

といっても、人間に見られたらその家を引っ越さなくてはならなくて
人間にみられちゃうって言う内容。



うーーーーん、まことに残念でした…


宮崎駿が監督じゃないから、あまり期待せずに観にいったのだけど
やっぱり…。


とにかく、盛り上がりがなくすーっと過ぎて、えっもう終わり?
という感じだったよ。


この映画を宮崎駿が作っていたなら…
と想像すると「もったいない」感じがしたよ。


宮崎監督ならきっと、もっと床下の生き物達も色んなキャラクターのバラエティにとんだものに
なっただろうし、話ももっと膨らんですばらしい作品ぴかぴか(新しい)になってたのではないかしら。


正直、キャラクターの表情なども乏しかったし、
シーンの移り変わりのときに、そのままカメラを
1階から2階にカットなしで撮っていく、みたいな描き方がされていて
なんかプロっぽくなかったかも。


まぁ米林監督もやりたくもないのに監督やらされて
気の毒だけど…。


ジブリは大好き黒ハートだけど(というか宮崎監督が大好き?)
今回はすみません、



65点で!















posted by みや at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画レビューだよん♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだったんですね。見たいと思って結局機会がありませんでした。
絵はナウシカやラピュタ、ちょっと興味あったんですけどね。レンタル待ちにしようかな。
Posted by ヤス at 2010年09月12日 07:49
そうなんです。絵とか構想はすごく面白そうで観たんです。

でも、監督がちがうと脚本が宮崎駿でもこんなに違うんだぁと、
宮崎駿の監督としての力量のすごさが浮き彫りになってました…
Posted by みや at 2010年09月12日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162152698

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。